ブログパーツUL5

2009年12月23日

Ave Maria/Victoria

ave Maria.JPG



MySoundのサイト終了のため、音源をこちらに少しずつお引越ししますね。

まずは、クリスマスということで「Ave Maria」です。


第22回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会。(故新井文男先生指揮による最後の定演)アンコール曲
2004年6月富山市民プラザアンサンブルホールにて。
16世紀スペインルネッサンス最大の作曲家/トーマス・ルイス・デ・ヴィクトリア (1548-1611)の作品。

「Yちゃん、最初歌ってよ。」
いつの頃からか、出だしの「アヴェマリ〜〜ア♪」は私が歌うことになっていました。先生は高校時代からの愛称で私を呼んでくれていました。先生の指揮で歌った最後の「Ave Maria」です。

高校時代から何度も何度も歌った大好きな歌です。

どうぞ、素敵な心温かなクリスマスを迎えられますように。


posted by agnus at 16:37| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

われ主をたたえる/Orlando di Lasso

太陽.JPG

昨晩は激しい雷雨。嵐が過ぎ去り、今朝は明るい日差しが。
ようやく春になりました。

後期ルネッサンスフランドル楽派の巨匠、オルランド・ディ・ラッソのモテットから「われ主をたたえる/Escaldo te Domine 」。
posted by agnus at 18:04| 富山 ☀| Comment(4) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ニンファの嘆き/モンテヴェルディ

Image188.jpg

リコーダーアンサンブルが続きましたが、今日は合唱曲です。モンテヴェルディのマドリガーレから「Lamento della ninfa/ニンファの嘆き」。代表的な作品です。
posted by agnus at 21:51| 富山 ☁| Comment(5) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

星に語る/モンテヴェルディ

水映の月.JPG

晴れた日の冬の星空ほど、冴え渡るものはないでしょう。
オリオン座の馬頭状星雲がぼんやり肉眼でも確認でき、シリウスが青白く輝く空は、1年中で一番好きな星空です。

モンテヴェルディのマドリガーレ「Sfogava con le stell/星に彼は打ち明けた」です。星に恋の悩みを打ち明けます。「Sfogava」の出だしのsfoを一気にそろえて入れたときは嬉しかったです(^^)v
posted by agnus at 21:29| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

Zefiro torna/C.Monteverdi

夕空.JPG

同題「西風が帰り」はマレンツィオ作曲のものもありますがhttp://agnus0615.seesaa.net/article/110758093.html
どちらも有名なマドリガーレ。
1990年10月松山で開かれた第5回国民文化祭でも歌った思い出の愛唱歌。

(1991.12.14録音)
posted by agnus at 22:54| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

Ahi Lucia/Orlando di Lasso

月と金星.JPG

1月とは思えない素晴らしい空の一日でした。

ラッソのマドリガーレから「やあ、ルチア」です。
…やあ、ルチア、ご主人様がお許しだ…
恋人と一緒におどけて歌います。
ダンビリビ、ダンビリビなど、掛け声も楽しい歌です。
普通はもう少し速いテンポでコミカルに歌いますが、これはややゆっくりめです。

(1994.12.11録音)

かわいい写真は「夕空の月と木星・金星」
posted by agnus at 00:25| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

Matonna Mia Cara/Orlando di Lasso

DSC_00061.JPG

2009年、明けましておめでとうございます。
昨年に引き続き、発掘音源から。
新しい年、明るく元気にスタート!ということで、
「こだまの歌」と同じく、オルランド・ディ・ラッソの「いとしのマトナ」。ドイツ兵がドイツ訛りのイタリア語で歌う、楽しい愛の歌です。

(1994.12.11録音)
posted by agnus at 11:40| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

Ola! O che bon echo!/Orlando di Lasso

DSC_谷.JPG

後期ルネッサンスフランドル楽派の作曲家オルランド・ディ・ラッソのマドリガーレ「こだまの歌」。
この歌は複合唱で、A、B二つのチームに分かれて歌う。
Aは各パート2〜3人編成、Bは各パート1人。
Bはこだまのように常にAの後を追いかけて同じ旋律を歌う。
Aは舞台上、Bは客席の後ろなどで歌うと効果的で楽しい。

…ほうら、楽しいこだまが聴こえてくるよ。
ようこそ、こだまさん。ハハハハハ。。…

16th Concert(1994.12.11)
posted by agnus at 00:38| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

「聖母マリアの4つのモテット」から「Maria Mater Gratiae」/D.C.Gesaldo

IMG_0063ー12.JPG

クリスマスイブです。

ジェズアルドの「聖母マリアのモテット」から第4曲目。
「Maria Mater Gratiae/マリア、恵の母よ」です。

…恵み深い 母なるマリア
憐れみ深い 母なるマリア
苦しみの淵から 我らを救いしマリア
やがて 死を迎える そのときも
ともにいて 我を守り 支えたまえ…

この作品の中でも一番好きな曲です。
どんなときも「マリア…」と歌い始めると
不思議に心が落ち着きます。
この歌で今まで、どれだけ勇気づけられてきたことか。。
posted by agnus at 01:42| 富山 ☔| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

「聖母マリアの4つのモテット」から「Ave Regina」/D.C.Gesaldo

DSC_002911.JPG
ジェズアルド作曲「聖母マリアのモテット」から第3曲目「Ave Regina/天の女王よ」です。

…天の女王よ
素晴らしい聖なるお方よ
あなたよりこの世の光が生まれたり
おお、美しきお方よ
われらのために キリストに祈りたまえ…
posted by agnus at 01:02| 富山 ☔| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。