ブログパーツUL5

2008年12月20日

「聖母マリアの4つのモテット」から「Precibus Et Meritis Beatae Mariae」/D.C.Gesaldo

DSC_00221.JPG

ジェズアルドの「聖母マリアの4つのモテット」から第2曲目
「Precibus Et Meritis Beatae Mariae/けがれなきマリアと」です。

…けがれなきマリアと
全ての聖人の祈りによって
神がわれらを天の王国に
導きたまわんことを…
posted by agnus at 11:48| 富山 | Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

「聖母マリアの4つのモテット」から「Ave Dulcissima Maria」/D.C.Gesaldo

コロポリ.JPG

12月18日。合唱団の新井文男先生が亡くなられたのは、去年の今日でした。

先日12月12日、先生に感謝を込めて、合唱団の最後の演奏会を行いました(写真)。

先生の大好きだったジェズアルドの「聖母マリアへの4つのモテット」から1曲ずつお送りします。
今日は「Ave Dulcissima Maria/優しきマリアよ」

先生がお元気だったころのステージ(第13回定演)での録音(1991.12.14)。ちょうど17年前です。
posted by agnus at 15:47| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

Il bianco e dolce cigno/Jacques Arcadelt



今年も白鳥さんたちがはるばる北の海を越えてやって来てくれました〜!!
懐かしい故郷の水が嬉しくってみんな大はしゃぎ。
撮り立ての画像で編集しました。

いよいよ、明日12日、コロポリの最後の演奏会です。

この曲は第2ステージの1番で歌います。
新井先生の大好きな曲でした。
「真白なやさしい白鳥は」アルカデルトの傑作です。
posted by agnus at 00:35| 富山 ☀| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

Io mi son giovinetta/C.Monteverdi

DSC_0241.JPG

「私は若い娘」
イタリア後期ルネッサンスの大作曲家クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643)作曲。
春風のような爽やかなメロディのマドリガーレの傑作。
posted by agnus at 01:41| 富山 ☔| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

I'lbell' umore/G.Gastoldi

公孫樹の絨毯.JPG

第22回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会
富山市民プラザアンサンブルホール(2004.6.18)にて

「ひょうきん者」
イタリア後期ルネッサンスの作曲家ジョバンニ・ガストルディ(1550-1622)作曲のバレット(世俗歌曲)。バレットは歌に踊りが加わったもの。
posted by agnus at 03:42| 富山 ☁| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

O primavera/H.Schutz

401642901_46.jpg

第21回富山コロ・ポリフォニコ定期演奏会
富山市民プラザアンサンブルホール(2003.2.16)にて

「おお春よ、一年の青春」
ドイツバロック初期の作曲家ハインリヒ・シュッツ(1585-1672)の代表的マドリガーレ。シュッツは、J.S.バッハの100年前に生まれた。
posted by agnus at 01:02| 富山 ☀| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

Zefiro torna/Luca Marenzio

DSC_0005.JPG

第21回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会
富山市民プラザアンサンブルホール(2003.2.16)にて

「西風が帰り」
イタリア後期ルネッサンスの作曲家マレンツィオ(1553-1699)の傑作。

この曲も12月12日の演奏会で歌います。
posted by agnus at 01:39| 富山 ☔| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

Il bianco e dolce cigno/J.Arcadelt

白鳥.JPG

第22回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会
富山市民プラザアンサンブルホール(2004年6月18日)にて

「真白で優しい白鳥は」
ジャック・アルカデルト(1505-1568)は、盛期ルネッサンスフランドル楽派の作曲家。
この曲はアルカデルトの代表的作品。洗練された明晰なフレーズ形式。豊かな旋律の世俗歌曲(シャンソン)です。

この曲も12月12日のラストコンサートで演奏します。

posted by agnus at 22:14| 富山 ☀| Comment(2) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

Super flumina Babilonis/Palestrina

七色の窓.JPG


第19回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会にて。
2001年2月富山市民プラザアンサンブルホールにて。

「バビロン川のほとりに座りて」
16世紀イタリアルネッサンスの作曲家パレストリーナの作品。

この曲も12月12日の演奏会で歌います。
posted by agnus at 23:22| 富山 ☔| Comment(4) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

O Magnum Mysterium/Victoria

P1060854.JPG

DSC_018111.JPG

故新井文男先生の指揮で歌った貴重な音源です。
第17回富山コロ・ポリフォニコ合唱団定期演奏会。
1997年6月富山市民プラザアンサンブルホールにて。
16世紀スペインルネッサンス最大の作曲家/トーマス・ルイス・デ・ヴィクトリア(1548-1611)の作品。「おお、大いなる神秘よ」

合唱団の写真は2006年9月29日の演奏会にて撮影
posted by agnus at 00:08| 富山 ☁| Comment(4) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。